糖尿病予防に水素水サーバー

生活習慣病のひとつである糖尿病。
平成19年の厚生労働省の調べによると、年間で1万4000人もの人が、合併症で亡くなっているといいます。
はじめのうちは自覚症状がないので、血糖値が高いと診断されたり、治療が必要だと言われても、放置してしまう人が多いようです。
患者さんのなかには若年層の方もいますが、加齢とともに患うリスクは高まります。
加齢には「活性酸素」というものが関係しています。
活性酸素は細胞を老化させる性質を持っているのです。
ところで、糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンが少なかったり、正しく働かなかったりして、血糖値が上がったままになってしまう病気です。
実はインスリンを生み出すすい臓のβ細胞は、活性酸素に非常に弱いので傷つけられやすいのです。
傷ついたβ細胞はインスリンを十分に分泌できなくなってしまいます。
つまり、活性酸素の働きを抑えることができれば、糖尿病予防にもつながるというわけです。
そこでイチオシなのが水素水です。
活性酸素を減らす働きがあるといわれる水素分子を含んでいるので、飲むだけで健康維持が期待できます。
透明で臭いもなく、普通の水となんら変わりないので、安心して飲むことができます。
サーバーに入ったものを宅配してくれる業者もあるので、重たい思いをして運ぶ必要もありません。
健康維持の新しい習慣として、水素水を飲むことを取り入れた見てはいかがでしょうか。