抗酸化作用のある食品

抗酸化作用のある食品は野菜です。
特におすすめしたいのは緑黄色野菜です。
なるべく色の濃いものを選んでください。
この色が体にいいのです。
野菜の色素は、カロチノイドによるものです。
カロチンとも呼んでいます。
βカロチン、αカロチン、リコピンなどが有名です。
ニンジン、トマトなどの色素がカロチンなのです。
カロチンは非常に抗酸化作用が強いのです。
体内の酸化を防いでくれるわけです。
人間の体の老化は、鉄がサビていく状況と非常に似ているのです。
活性酸素が過剰に発生することで、体の老化が促進されるのです。
同じ年齢でも、非常に若く見える方と、老けている方がいるでしょう。
年齢を重ねるほど、その差は顕著になるものです。
抗酸化作用のある野菜を食べると、老化を予防することができます。
厚生労働省でも、1日350gの野菜を食べるように呼びかけています。
野菜を食べることで、活性酸素を除去する力が強まり、老化を遅くしてくれるのです。
抗酸化作用のある栄養素には、ビタミンもあります。
こちらは、野菜と果物に多く含まれています。
スナック菓子をよく食べる方は、果物に変更してみましょう。
果物は低カロリーで脂質もほとんどなく、抗酸化作用の強い健康食材として最適なのです。