1.5cmのスーパーヒーローを描く「アントマン」

2015年公開の「アントマン」はポール・ラッド主演のSF映画です。
「アントマン」は直訳すると「蟻男」となるように、アリほどの大きさの約1.5cmに縮むことができるヒーローで、虫と通信する能力もあります。
映画の中では羽アリに乗って飛ぶシーンもあり、無数のアリを軍隊のように組織して戦うこともできます。
「アントマン」はマーベル・コミックの作品が原作であり、現在展開されている「マーベル・シネマティック・ユニヴァース」シリーズの一作となりました。
原作ではアントマンは三代目までいますが、今作では2代目のアントマンであるスコット・ラングの時代が映画化されました。
スコットは妻子ある身で大企業で働いていましたが、窃盗罪で捕まり、3年間服役してしまいました。
妻は離婚した後再婚し、一人娘との接触を制限してしまいます。
娘と会うために更生しようと励むスコットですが、犯罪歴のあるスコットは就職できず、刑務所仲間に誘われるがままにある豪邸に忍び込みます。
そこは一代目のアントマンであるピム博士の家であり、二代目のアントマンとしてある物を盗んでほしいと依頼され、泥棒にならないために泥棒するという状況に陥ります。
ピムの弟子であるダレン・クロスが操るイエロー・ジャケットとの闘いはアントマンの特徴を最大限に活かした独創的なアクションが満載です。
SF好きなら必見の作品です。
MOVIEに関する記事|RUTHLESS