自転車による事故に備える

近年、自転車と歩行者の事故や自転車どうしの衝突事故が問題となっています。
交通事故といえば自動車と歩行者や自動車と自転車の事故が一般的で、自転車に乗っている方は被害者となるケースが一般的でした。
ですが、最近は自転車を運転する方が加害者となるケースが増えており、自転車と歩行者との衝突で相手がケガをするのにとどまらず、亡くなるケースさえ少なくありません。
まさか自転車でと思うかもしれませんが、坂道をブレーキなしで無謀運転で突っ込んだり、小さなお子さんや高齢者との衝突により事態が重くなるケースがあります。
もし、死傷事故が起きれば、その賠償額は多額に上り、実際の事例では1億円近い賠償金の支払いを求められたケースも生じています。
この点、自動車による事故であれば、自動車保険で保険金によるカバーが受けられるほか、自動車保険に加入していなくても最小限の補償として必ず加入しなければならない自賠責保険による損害の補償制度があります。
ですが、自転車の場合はこうした制度がないため、基本は自腹となってしまいます。
しかし、1億円ものお金を請求されて支払うことができるでしょうか。
だからこそ、今の時代のニーズに応じて登場した自転車保険への加入がおすすめです。
月額数百円程度で加入できるうえ、最大1億円から2億円といった補償が得られます。